「いま、すでに知っている人」を大切にすること

大阪出張したときの写真です。

いつもお世話になっている方が開催している経営塾に、ゲスト講師として大阪に出張に行ってまいりました。

美容院経営者の皆さんへ、スピーチ。

美容技術や理論の話ではなく、プロ用の美容商品の紹介(弊社の自社商品)と、その商品を使ったマーケティングの話をしてきました。

 

私はこの主催している方と5.6年前にご縁あって、こうして今も仕事でお付き合いをさせて頂いていまして、

大阪のこういった経営塾で話す機会を作っていただいきました。

 

経営塾というのは、単発で行うのと、長中期に渡って行うもの、と2つパターンあります。

今回は後者の方なんですが、

こういった長中期のサポートのある、法人向けの経営塾は、一般的に、参加費は数十万はします。

100万円を超えるものも珍しくないのです。

(費用対効果で考えると私はそれでも安くてお得だと思います)

 

そうなると、「高価格」というフィルターを通して、

「まあ、とりあえず参加してみよう」といった低い意識の人は排除され、

「本当に自分を変えるぞ!そのために真剣に学ぼう!」という意識の高い人しか参加しません。

そのため、集まる人のレベルはとても高いです。

 

そんな参加者たちに対して、今回のように弊社の自社商品とその活用法の紹介を、直にさせてもらえるというのは本当に光栄な事でして、主催者の彼には言葉で表現できないほどに感謝しています。

これをもし自分自身で集客して開催しようとしたら、時間と労力、そしてコストは半端ないからです。

 

 

こういうチャンスの場を人に与えてもらう度に、私が感じる事がひとつ、あります。

 

チャンスというのは、

「すでに知っている人から生まれる」

という事です。

 

「新たな人との出会いから生まれる」

という風に考える人が多いのですが、

これ、実は違います。

 

私はまだ経営者になってまだ7年ですが、

この7年間の「人生の転機になったといえるようなビックチャンス」

は、ほぼ8割がた、

「すでに知人、友人、もしくは長くお付き合いのある方」からヒョイっとやってくることが多いです。

 

チャンスがほしくて、チャンスを持ってそうな人を求めて

「新たな出会い」

を探しても、なぜ無駄なのか??

 

それは、しょせん、知り合って間もない信頼関係を築けてないうちは、そうそう「おいしい話」なんて回ってくるものではないからです。

最低5年以上はしっかりと関係を築かなくてはなりません。

 

その為には、「いま、すでに知っている人」を大切にすることが、チャンスを回してもらえる最短方法になります。

 

もちろん、そのチャンスを目当てにお付き合いをしても、それもまた、おおいなる無駄です。

そういった下心のあるヤツは、すぐにバレるからです。

大事なのは、

「誠実に」、そして、「いつでも真剣に仕事に取り組んでいる事」

です。

仕事に対する誠実さは、常に人の目にさらされています。

真剣に、誠実に毎日の仕事に取り組んでいれば、

見てくれている人は、必ずいます。

そしてもうひとつ、付け加えるのならば、

「いつ、いかなるチャンスが来ても準備ができている自分」を作る事です。

 

今回、できた「恩」は、いつか必ず返そうと思います。

「かけた情は水に流せ、受けた恩は石に刻め」

の言葉ですね。

感謝。

 

The following two tabs change content below.
表参道の美容院「LUPIAS」を運営する、株式会社Mastermind代表取締役社長。 その他にもヘアケア商品販売の会社の社長も務める。 2社の会社を経営する傍ら、仕事は「現場主義」を徹底し、自らも美容師として日々サロンワークを精力的にこなしている。