縮毛矯正の施術後はシャンプーはいつから可能でしょうか?

結論から申しますと、できれば極力シャンプーは24時間後以降をおすすめします。

 

理由を説明するには、まずは簡単に縮毛矯正をするとなぜ髪は真っすぐに固定されるのか??というメカニズムを説明したいと思います。

 

縮毛矯正は基本的に大きく薬剤を分けると、「1液」と「2液」の、2つの薬を使います。
この2つの薬で、1液(還元剤)で髪を柔らかくし、2液(酸化剤)で髪を固く固定する、というのが縮毛矯正の基本です。

この2剤の酸化剤で、髪は完全に固まって固定化するのか??というと、実は100%は固定しません。
施術した当初は70%くらいの固定率になります。

 

日本の薬事法の関係で、2剤の酸化剤はブロム酸と過酸化水素水(オキシドール)が認められています。この過酸化水素水の上限濃度が6%の為、縮毛矯正剤の2剤の多くはメーカーが5%前後の濃度で作られています。
この程度の濃度だと、やはり70%くらいが固定の限界、という事です。
(かといって勝手に美容師側が高濃度の物を自作してお客様に施術する事は薬事法違反になるので法律上、できないのです)

 

この濃度で完全に髪を固定化するのは限界があり、固定しきれなかった髪は、ではどうするか??というと空気に触れさせる事によって酸素と結合して起こる「空気酸化」を利用して、毛髪のシスチン結合が固まりきっていない部分をゆっくりと固定化していくことになります。

 

….と、ここまで小難しい話が続きましたが、

カンタンに申し上げると、
「縮毛矯正やったばっかりの時は、まだ髪が固まりきってないからデリケートな状態だから優しく扱ってください。でも濡らしたりしないでほっとけばそのうち空気に触れてるうちに固まるから心配しないでくださいね。」
という事です。

 

美容師が、「縮毛矯正をやったばかりの時は髪を洗わないでくださいね(もしくは、濡らさないで)」
と、どこの美容院の美容師も口をそろえてお客様に言うのはそのためです。

当日は優しく髪を扱ってください。

宜しくお願いします。

 

The following two tabs change content below.
表参道の美容院「LUPIAS」を運営する、株式会社Mastermind代表取締役社長。 その他にもヘアケア商品販売の会社の社長も務める。 2社の会社を経営する傍ら、仕事は「現場主義」を徹底し、自らも美容師として日々サロンワークを精力的にこなしている。