努力って、本当はやってもやんなくても変わんない!?

美容院経営セミナーに参加して思ったこと

職業柄、日常的に休日はセミナーや勉強会とか行く事多いんですが昨日も経営セミナーに参加してきました。

私は美容院を経営してから、「行動する、実行する」という事を大切にしてきました。

というより、欲しい結果を得たいのならば、結果を変えたいならば、「行動、実行」こそが唯一の方法だと思っていたからです。

実際、今の自分が経営で楽を出来ている部分は、過去半年前に施策を打った自分の「行動」の結果であるし、逆に今苦しめられている経営課題の部分は今思えば過去に自分が経営施策でヘマを打った「行動」の結果から生まれた事であると考えます。

‘‘結果を変えたいならば、「行動、実行」こそが唯一の方法‘‘これは、今でもその通りであると思っていますし、考えは変わりません。

しかし、ちょっと違う視点でも考えさせられた事がありました。今回の講師以外の方が挨拶で言っていた僕が「ハッ」とさせられた一言をメモ代わりにブログに残しておこうと思います。

(セミナーの内容は規約で公開できないので、講師以外の方が挨拶で言ってた一言だけ書きます)

やってもやんなくても変わんない!?

「行動や実行なんて(経営者なんだから)できて当たり前。その先にあるものを得られなければやってもやらなくても同じ」

 

確かに、会社経営って、利益という結果が得られなければ、行動や努力をしようがしまいがどっちも変わんないんですよね。

「行動しました、努力しました、けど利益でませんでした」なんかだと、むしろ行動しなかった方が楽できるって意味ではむしろ良いんですよね。金と時間の無駄も省けるし(笑)

もちろん、行動(努力とその継続)がなければ欲しい結果を得られないのは当たり前なんですが、「ここにいる(参加している)のは経営者だけでしょ?だったら行動するなんてやってあたりまえじゃん」という事を言われ、色々ハッとさせられました。

行動ばっかにフォーカスしてもしょうがねえじゃん、と。

それだけ結果にこだわるというのが大事って事ですね。

経営ってのは利益でるか、赤字になるか。その二択だけ。行動して、実行して、「結果出す」事にこだわる。その為の、「行動」。

 

「結果」が得られるまでキチンと「行動」する事が大事

「行動」する事にのみ満足するのではなく、その先にある「結果(成果)」を考えること、さらにはその結果によってどのように会社や自分自身が変われるのか、を考える事が大切なのだと気付かされました。

当たり前のハナシですが、その当たり前をキチンと毎日積み重ねた上で、しっかり「行動」したいと思います。

The following two tabs change content below.
表参道の美容院「LUPIAS」を運営する、株式会社Mastermind代表取締役社長。 その他にもヘアケア商品販売の会社の社長も務める。 2社の会社を経営する傍ら、仕事は「現場主義」を徹底し、自らも美容師として日々サロンワークを精力的にこなしている。

最新記事 by 佐藤 公徳 (全て見る)