文章は他人に書かせると失敗する

他社の美容院経営者のブログに思う事

私が独立開業をする前は、勉強もかねて色々な美容院のオーナーさんのブログを見てました。

月に1.2回程度しか更新しないその美容院経営者たちのブログを見て私は、

「ブログを頻繁に更新しないなんてもったいないなぁ。もっと自分の考えを周りにアピールすればいいのに。」

と、思っていました。

 

で、自分自身が美容院オーナーになって、どうなったか??

…見事に、あんまり個人ブログを更新しない美容院経営者になっていました。(笑)

 

実際、美容院オーナーになってわかったこと

美容院従業員(会社員)時代と違って、美容院経営者になってわかった事があります。

それは、

毎日毎日、ブログを書くよりもはるかに多くの文章を「仕事で」書かなくてはならない、という事です。

当然、その結果として個人のブログを書く頻度は著しく落ちます(笑)

 

どんな事を日々、書くかというと、

例えばランディングページと言われる、商品や新規客を獲得する為の、縦長のホームページとか。

あれ、もう相当数、書きます。

楽天の商品紹介ページでよくある、縦長のページで最後に「今すぐ購入はこちら」みたいな、アレです。

あれの美容院バージョンです。売上を上げる為には必須です。

 

文章は他人に書かせると失敗する

コピーライティングって、外注してわかったんですが、

やっぱり外注してコピーライターに書かせた文章での売り上げと、

創業社長である私自身が自分の言葉でつづった文章では、

全然、売り上げが違うんですね。

年間で100サイト以上はランディングページ作ってるのと、

20年、この美容業界で仕事をしているのもあって

毛髪科学に関してはそこらへんのプロのコピーライターに私は絶対負けません。

誤字脱字が多くて文章にまとまりがないけれど(笑)

 

 

ホームページの文章制作も時間がかかってます

私が運営している商業用のHPは現在稼働中のものだけでも21サイトあります。

ちなみにこのLUPIASのHPも、私が制作したものです。

その数あるHPからの売上と利益が多いので、

私にとっては「自動販売機み」たいなもんです。

 

でも、その21個のHPは、

1個を作ってしまうとまさに自動販売機のごとく、じゃんじゃんお金を呼び込んでくれるのですが、

その「1個」を作るのに膨大な時間と労力を費やします。

コンテンツマーケティングといって、

有益な情報を膨大な量、投下するので、

そのコンテンツ制作者が私である以上、腱鞘炎になるんじゃないか??という位、一日中、パソコンに向かってタイピングをしてます。

 

英語などの語学習得には、目安として学習時間は5000時間が必要、と言われてますが、

こないだ計算したら、私のコンテンツ製作時間はその時間をはるかに超えてました。(笑)

 

あと、それだけではなく、

私は表参道の美容院1店舗だけでなく、

株式会社2社、一般社団法人1社の社長でもあり、

海外でもビジネスをしているので、メールの来る量も半端ありません。

 

毎日3桁は返信が必要なメールが仕事で来るので、

ショートカットキーを使ってものすごい勢いでさばくのですが、トイレで用を足すときもメールをスマホで打ってやっと対応しています。

 

で、何が言いたいのかというと

LINEやFacebook、もしくは、LUPIASのホームページから仕事の依頼や、お問い合わせがじゃんじゃん来るのはありがたいのですが、

上記の理由から、私自身は毎日、過労死するんじゃないかと思う位、多忙を極めてます。

(働きすぎて最近、肺がおかしいです)

なので、超急いで返信を返してますが、あまり私自身への返信はせかさないでください。(笑)

 

なんかすごーくまとまりの全くない文章になってしまいましたが、

7分くらいでパッと書きあげたらこんな感じになりました。

 

The following two tabs change content below.
表参道の美容院「LUPIAS」を運営する、株式会社Mastermind代表取締役社長。 その他にもヘアケア商品販売の会社の社長も務める。 2社の会社を経営する傍ら、仕事は「現場主義」を徹底し、自らも美容師として日々サロンワークを精力的にこなしている。

最新記事 by 佐藤 公徳 (全て見る)